TOEFLの授業形態

男の人と女の人

TOEFL対策のカリキュラムには様々な種類が見受けられます。これらの授業形態は通学制でも短期集中型のものやオンラインを活用した実用的なクラスなどTOEFL対策におけるコストを大幅に節約できることがメリットです。

詳しく見る

アカデミックな英語力養成

アルファベット

TOEFL対策においては適切な教育機関を選択することが必須です。その理由として、海外留学前の準備ではTOEFL対策として英語を学ぶことに加え、アカデミックなレベルの英語を習得し留学先で切磋琢磨することが必要になるためです。

詳しく見る

英会話スクール活用法

勉強道具

英語学習、TOEFL対策で英会話スクールに通っている人は多いのではないでしょうか。英会話スクールで鍛えることができるのはスピーキングとリスニングの力です。英会話スクールへの意識を変えるだけで効果が変わってきます。

詳しく見る

TOEFLのスコアアップ

授業

TOEFL対策においては英語のスキルを総合的にアップさせることが重要です。その為には市販のテキストでリーディングや語彙力のアップを行い、その上でTOEFL対策専門の予備校の授業を受け試験に臨むことが大切です。

詳しく見る

TOEFLと留学スキル

English

TOEFL対策を行うスクールでは試験対策だけではなく、受講生が留学先で対応できるように幅広い項目のスキルアップを指導しています。これはプレゼンテーションや論文作成のスキルで海外の教育機関で対応するために不可欠な能力です。

詳しく見る

TOEFLで必要な要素

アルファベット

受験対策と準備

TOEFL対策は海外の教育機関で学ぶためには必須です。とりわけ、英語圏の著名な教育機関ほど高いスコアを要求してくるので、TOEFL対策を万全に行うことが求められます。TOEFL対策の基本として、各セクションごとに必要とされるスキルとレベルを把握しておくというポイントが挙げられます。特に、語彙やグラマー的な要素はテキストで学ぶことが容易ですが、リスニングや質疑応答に属するセクションは英語でのコミュニケーション経験も重要なポイントです。そのため、TOEFL対策として日ごろから英語でのコミュニケーションをはかる努力が要求されるのです。また、これまで国内で培った語学力とは異なるレベルの英語力が要求されるケースも多々あるので、高度な知識を見つけておくことが重要です。さらに、TOEFL対策で把握しておくべきポイントとしては大学や大学院などの海外の教育機関で学ぶことが出来るまで英語力をスキルアップしなければならないという点が重要になります。このアカデミックな語学力という点においては専門性の高い語彙や専門分野の学識も要求されることがあるため、国内の英語教育とは異なる勉強が必要になるのです。また、海外の教育機関では論文提出などの機会が頻繁にあり、文章作成の能力が必須のスキルとされます。TOEFLにはこの高度な文章構成のスキルを試すセクションもあるため、重要項目として各セクションを理解して学ぶことが求められるのです。

Copyright© 2018 高いスコアを目標にするならTOEFL対策をしよう【理解して学ぶ】 All Rights Reserved.