TOEFLと留学スキル

English

留学先で必要な能力

TOEFL対策のスクールでは試験のスコアをアップさせるだけではなく、海外留学で必要な総合的な英語力が身につくように指導を提供しています。TOEFL対策のクラスでは外国人講師による授業も多く、率先してクラスに参加することが要求されるのです。具体例としては課題の提出があり、場合によっては受講生に向けてプレゼンテーション的な場が設けられることがあります。海外の教育機関ではプレゼンテーションは必須の項目とされており、個々のアイデアを多くのクラスメイトに向け配信する能力が必要とされるのです。そのため、TOEFL対策を行うスクールでもスピーキングやリスニングのスキルに加え、論理的な思考により発言するプレゼンテーションの機会を設定しているのです。また、TOEFL対策の授業の中には論文の構成力を向上させるクラスも見られます。この文章の構成力は留学生には欠かせないスキルです。海外の教育機関では大半のクラスで課題にエッセイの提出が必要とされ、独自の考えを効率よく記述するスキルが要求されるのです。TOEFL対策を行う教育機関では海外の留学先で受講生が対応できるように文章の構成力を養成しています。TOEFL対策では基本となる文法や語彙の正しい使い方に加え、エッセイの作成法や論文の組み立て方など多岐にわたる指導を行います。これらのスキルを身に付けることで留学先でも論文の提出に無理なく対応できるようになるのです。

Copyright© 2018 高いスコアを目標にするならTOEFL対策をしよう【理解して学ぶ】 All Rights Reserved.